• ノイズ管理

    ハイスターは、ビッグ・トラック・ラインアップの雑音レベルを著しく下げることができたので、住居地域近くにある港湾やターミナルでも作業がしやすくなりました。 ハイスターは、オンデマンド冷却、および、階層4i/ステージIIIBに準拠する機器上で特色となっている新技術の導入により、より静かなトラックを達成することができました。

    これらのノイズレベルは隣人の環境品質を改善するだけではなく、ドライバーのノイズへの露出を最小化します。

    ハイスターは広範囲の製品にわたって、ノイズレベルに著しく研究開発資源を集中させており、2011年にはディーゼルおよびLPG 2.5tモデル両方のために、運転者耳ノイズレベル79dB(A)*を備えた新しいFortens®のラインアップを発売しました。

    * 運転者の耳における平均的ノイズレベル。テスト・サイクルによって測定され、EN12053に含まれている加重値に基づいています。