• 排出

    ハイスターは排出規制の要件を満たすためだけにそのラインアップを開発したのではなく、市場ニーズに応えるために排出と燃料消費量を削減しました。

    ポピュラーな2.0-5.5tのFortens/Fortisモデルにおいては、ハイスターは以下のようないくつかの方法で燃料節約を達成しました:

    • エンジン制御速度を20%減少させる、オプションのECO-eLo設定の導入
    • 可変容積形ポンプ(VDP)テクノロジーを特徴とする「負荷検知式油圧」システムは、エンジン上の油圧システムの要求を減少させます。油圧の機能のうちのいずれかが活性化される場合のみ、それは油圧フローを提供します-リフティング、傾斜、トラックがサイドシフトあるいは、クランプやローテーターといったアタッチメントを装備している場合。 油圧機能は「オン・デマンド」システムであり、著しく燃料消費量を低減します。